ブログはアメブロとワードプレスどっちが良い?

 

こんにちは。

WEB構築アドバイザー今井信子です。

 

最近、ブログをアメブロからワードプレスに移行されている起業家さんをちらほら見る事があります。

対して、アメブロやFacebook、InstagramやLINE@などのSNSを使った集客をすすめておられる方もまだまだ沢山いらっしゃいます。

では、これから仕事のブログを始めるっていう方はどっちにした良いのか?!

迷いますよね。

果たしてアメブロでも大丈夫なのか??
ワードプレスをやるならちゃんと使いこなせるのか???

頭の中ははてなマークだらけになりそうですよね。

 

私としては、やはりワードプレスが良い!と思います。

 

 

アメブロをするメリットもある

とは言っても、アメブロをやって全くメリットがないか?!と言えば、正直そうでもないんです。

どういう事かと言うと、

「自分のお客様がアメブロ内に沢山いる。」

つまり、貴女のところへ来てくれそうなお客様がアメブロに登録していて、日頃から使ってそう、という場合はアメブロは有効です。

アメブロというモール(商店街)の中にいるわけですから、貴女を見つけてくれる可能性は高い、というわけです。

 

反対にお客様は(アメブロなどやっていない)一般の方で、尚且つ貴女がある程度パソコン操作に自信があるとか、更には検索でどんどん引っかかって、自分のサイトに訪問してほしいっていう場合は、やはりワードプレスを始める方が良いのではないでしょうか。

 

「パソコンに苦手意識がある」とか「ブログを毎日更新できる自信がない」場合は、そうこうしている内に月日が過ぎていき、時間がもったいないですので・・・、

そういう場合は、始めるのにハードルが低いアメブロからまずやってみて、どんどんブログというものに慣れ親しんでいきましょう!

 

自信が持てないまま迷い続けて何も始めないよりは、その方が何倍も良い結果に繋がりますよ。

少しでも行動することで、なりたい自分に近づけますからね。

その後の事は、ブログに慣れてから考える事にしましょう。

 

 

ワードプレスとアメブロの違いは?

 

では、そもそもどんな違いがあるのか?

私なりの考えも含め、具体的に説明していきますね。

 

ワードプレス

ワードプレスは、独自のドメインをとってサーバーを借りてそれから構築していきますので、始めからお金が掛かります。

私は「Xサーバー」を使っていますが、月に1,000円くらいですから、使う人を選ぶような無理な価格ではないと思います。

始めてから3ヶ月くらいはアクセスが少ないですので、SNSと連携して拡散したり、検索にひっかかるキーワードを入れたり、目を引くアイキャッチを入れたり、お客様が必要としている情報をしっかり書いたり・・・、といくつか工夫していく事は必要です。

サーバーを借りて、独自のドメインで作るブログなので、無料ブログの様に「突然削除される」ことはなく、書いた記事は積み上がっていって自分の資産になります。

ワードプレスで書いた記事は検索で引っかかりやすいので、キーワードをしっかり設定しておけば、過去の記事も検索から読まれる事が多いです。

 

アメブロ

無料で始められるので、最初はハードルが低いです。

既存のテンプレートで良ければ、それを選べば直ぐにでも始められます。

アメブロはブログサービスですがSNSの機能が満載で、簡単に(アメブロ内の)他のブロガーさんと繋がれるシステムになっている、いわば「ブログ機能のあるSNS」ですので、毎日更新し続ける事が必要です。

1日1記事だけでなく、出来れば2記事3記事とあげていった方がアクセスが上がります。

過去の記事は、ほぼ読まれないので、過去のお役立ち記事など読んで貰いたければ、少し工夫が必要です。

最初は読者がいませんので、自分から他のブログに読者登録しにいって、出来たら相手からも読者登録して貰えるように、メッセージを送るなりした方が良いですね。

中身のないブログは登録して貰いにくいので、中身をしっかり作っていくことも勿論大事です。

登録の上限は1000。

(読者数は多い程良いですが、この数にあまりこだわり過ぎると、集客の本質を見失いますので気を付けましょう。)

ホームページ(ワードプレス)を持たず、アメブロメインで運営していく場合は有料で広告を外す事も考えた方が良いですね。

大きな広告がなくなるとページがすっきりして、メインサイトとしてホームページに見える様にある程度カスタマイズすることも可能です。

因みに広告外しの料金は、月1,008円。

 

 

 

最後に

いかがでしたか?

どちらもメリット・デメリットはありますが、メリットが多いのはワードプレスだと私は思ってます。

どちらを運営していくにしても、相手(お客様)の事を考えて、ブログを更新していきたいですね。